←トップページに戻る

今月のくすり問答


薬の飲み方Q&A その16     (平成20年10月号)
Q アンチドーピングとはどういう意味ですか?

 ドーピングとは、「主にスポーツ等において競技能力を高める為に薬物を不正使用すること」です。アンチドーピングとは「反ドーピング」という意味です。


◆ ドーピングとは ◆

最近「アンチドーピング」という言葉をよく耳にしますね。
北京オリンピックや大相撲ロシア人力士、プロ野球においてドーピング違反で失格、永久追放、解雇などなど。
そもそも「ドーピング」とは「競技者が競技能力を高めるために薬物などを使用すること」を指します。

◆ なぜドーピングが禁止されるのか ◆

主な理由として以下の理由があげられます。

@選手自身の健康を害する
Aアンフェア(不誠実)
B社会的悪影響
Cスポーツ固有の価値を損ねる

◆ いつからアンチドーピングと言われているのか ◆

国際オリンピック委員会(以下IOC)では1962年から「ドーピング反対」を掲げ1968年にはすでにドーピング検査を開始しています。
その後1999年からは世界アンチドーピング機構(以下WADA)が設立されアンチドーピング活動はIOCの手からWADAへと委ねられたのです。
さらに日本においては2001年に(財)日本アンチドーピング機構(以下JADA)が設立され現在に至っております。

◆ JADAの活動内容とは ◆

@ アンチドーピング施作の策定
A ドーピング検査事業
B 検査員要請事業
C 教育・啓発事業
D データベース構築事業
E 調査・研究事業

◆ どんな人が対象になるか ◆

基本的にすべての競技者が対象になります。
現在、国内において実際は、プロスポーツ選手やトップアマチュアアスリート、国体レベルの選手などが対象になっています。
しかし競技を行う上においてドーピングは一切禁止されています。

◆ ドーピング検査とは ◆

ドーピングの検査には大きく分けて2種類があります。
ひとつは競技会内検査(ICT)と言って競技場において競技終了後、参加者全員に行う検査です。選手の体内に禁止薬物が存在しないことを証明するために行います。
もうひとつは競技会外検査(OOCT)と言ってトップアスリートを対象に時間・場所を問わずいわゆる「抜き打ち」に行う検査です。
選手のトレーニング期間中のドーピングなどの不正を防ぎ、選手自身の潔白を証明するために行います。

◆ ドーピング検査の手順 ◆

以下に簡単に検査手順をご案内いたします。
厳格な基準のもとに一切不正が行えない環境のもとに行われます。
まず、競技終了後に対象者が選出され、同伴者とともに検査室にて検査を行います。
尿検査においては採尿時も含めてすべて検査員の監視のもとに行われなければなりません。
採尿に用いる容器、サンプルキットなども複数から競技者本人が選出して行われます。
さらに競技者は既に使用した薬物をあらかじめ申告することもできます。

◆ ドーピングに違反すると ◆

違反が発覚した場合まず、メダル・賞・記録などの没収を含む全結果が失効します。
さらに使用した薬物により罰則が異なりますが、警告・戒告処分から生涯資格はく奪(いわゆる永久追放)までの罰則があります。

◆ 使用禁止薬物とは ◆

すべて「2008年WADA禁止リスト」に掲載されています。
詳しくはWADAホームページで確認することができます。
市販の風邪薬や体毛用の薬・鼻炎用薬、ステロイドの外用剤にも違反薬物含まれているものもありますので、お近くの薬局にてご確認ください。

◆ 治療のために使用する薬は ◆

標準指定書に医師による診断書を添えて申請します(検査・所見含む)。
許可されたは場合使用できます(他に治療法がなく治療上最低限必要であり、競技力に影響を与えない範囲に限られます)。

◆ カフェインは大丈夫か ◆

カフェイン自体は禁止薬物から外れていますが、現在は監視対象に該当しています。
特別問題ありません。

◆ 風邪薬を服用するときの注意は ◆

禁止薬物でない風邪薬もあります。
医師にその旨申し出て適切に処方してもらって下さい。
競技会と3日以上あいていれば市販の風邪薬でも服用できますので、ご確認ください。

◆ 現在治療のために薬を処方されていますが ◆

医師から処方されている薬にも禁止物質含む薬品があります。
医師と相談し禁止薬物以外の薬に変更してもらったり、どうしても必要であれば前出の標準指定書に記載してもらいます。

◆ 詳しいことは ◆

ドーピングは競技によりことなることがあります。
所属の競技団体における医事委員会にご確認ください。また国体においては各都道府県体育協会にお問い合わせください。
またWADAJADAのホームページにも詳しく掲載されておりますのでご覧ください。


≪アンチドーピング関連リンク≫
 ・日本薬剤師会 アンチ・ドーピング活動
 ・兵庫県薬剤師会会 ドーピング早わかり
 ・日本アンチドーピング機構 JADA
 ・日本オリンピック委員会 JOC アンチドーピング
 ・日本野球機構 NPB アンチドーピングガイド
 ・スポーツメディカル協会 アンチドーピングについて
 ・日本体育協会 ドーピング防止
 ・日本自転車競技連盟 アンチドーピング
 ・全日本軟式野球連盟 アンチドーピング