←トップページに戻る

今月のくすり問答


薬の飲み方Q&A その21     (平成21年3月号)
Q ジェネリック医薬品ってなに?

 「新薬」として発売された薬は特許により、開発したメーカーが独占して製造販売ができます。これが「先発医薬品」です。しかし特許が切れると、他社でも同じ成分、同じ効果の薬を製造できます。これが「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」で、先発品よりも安い価格となっています。

特に医師より指定がない場合、患者さん本人の希望によりジェネリック医薬品を選択できるようになりました。ご希望される方は先発医薬品と同じ成分のジェネリック医薬品をお選びいただけます。
ただし、先発医薬品の中にはジェネリック医薬品の無いものもあります。


◆ 後発医薬品(ジェネリック医薬品)が安価な理由は? ◆

製薬会社が新しい薬(新薬)を世に出すのには、その開発に膨大な時間とお金がかかります。これらを考慮してこの薬に対し厚生労働省が値段(薬価)を決めます。
この新薬には様々な特許があり、特許が切れるおよそ20年の間は、ほかの製薬会社は同じ薬を製造できません。 独占的に製造・販売ができるので、この間、有効性・安全性のデータを集めることが出来、信頼性が高まりますが、新薬の開発・販売後のデータの集積などに費用がかかるため、医薬品の価格はそれほど安くは設定されません。

それに対して、ジェネリック医薬品メーカーは、新薬特許が切れた薬を製造販売するので、開発コストが低く抑えられ、また発売後のデータは先発医薬品の公表データなどを集める場合が多い為、医薬品の価格は安くなります。この薬価も新薬と同様に厚生労働省が決めています。


◆ ジェネリック医薬品への変更時の注意 ◆

@ 新しい薬はジェネリック医薬品がありません。また、すべての薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。

A 先発医薬品に比べ、医薬品情報の量や製造工程が異なるものがあります。

B 先発医薬品と同じ有効成分で効能・効果、用法・用量がほぼ同一の医薬品ですが、薬の形が違ったり、含まれる添加物などが異なったりします。
ジェネリック医薬品の変更によって効き方の違いを感じる場合は医師または薬剤師にご相談ください。

※薬についてわからない事は、かかりつけ薬剤師に相談してください。