←トップページに戻る

今月のくすり問答


薬の飲み方Q&A その52     (平成23年10月号)
Q 「薬と健康の週間」ってどんな週間ですか?

  毎年10月17日から10月23日まで、医薬品や薬剤師の役割に関する正しい知識を広報し、住民の皆様の健康や保健衛生の向上に寄与することを目的として、さまざまな啓発活動を実施する週間のことです。




◆ 薬剤師の役割とは?  ◆

薬剤師法という国の法律には、「薬剤師は調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって、国民の健康な生活を確保するものとする」と規定されています。

薬が製薬企業で作られ、医療機関や薬局等を経由して消費者の手に届くまでのすべての過程で、薬学を基礎とした専門的な立場から関与しているのが薬剤師です。

また、薬学の知識に基づいて、公衆衛生の向上や増進に努め、ひいては、国民の健康な生活を確保するという役割もあります。
 

 

◆ 薬剤師の仕事とは?  ◆


薬局では薬を安全かつ安心して使用していただけるように、相談やアドバイスを行います。また自宅に伺い、薬の説明を行います。
セルフメディケーションをサポートします。ご相談していただくことでより的確な情報提供やアドバイスを行うことができます。
ジェネリック医薬品の使用をすすめています。
ジェネリック医薬品とは、有効性と安全性が確認された先発医薬品の中で、特許期間が切れたため、開発費用をかけることなく、同じ品質と安全性を持ちながら、患者さんの負担を軽くすることのできるお薬です。
また、ジェネリック医薬品に変えていただくことで、医療費が節約されて、国民皆保険制度の維持につながります。
学校では学校薬剤師として水道水、プール水、空気、照度等の検査を行ったり、タバコの害、薬物乱用の講師を務めています。
また、公民館やシルバー大学等に出向き、お茶の上手な飲み方や保管方法などをお話しています。

病院では、患者さんに薬の情報提供と安全管理を行い、薬物治療を支援します。

 



◆ セルフメディケーションとは?  ◆


健康管理のために、医薬品などを自分の意思で選択し、使用することです。
市販薬を上手に使うには、自分の体質や病状に合った薬の選び方や使い方を正しく理解しておくことが大切です。

薬について分からないことや気になることがあれば、お気軽に薬剤師にご相談下さい。
 


◆ 薬祖神のお祭り  ◆


初日の17日は薬祖神のお祭りの日です。 古事記日本書紀において、日本に医薬を広めたとされる二柱の神、大穴牟遅神(おおなむちのかみ)、少古那神(すくなびこなのかみ)が奉られています。

松本にも日の出町に薬祖神社があります。松本の薬祖神社