←トップページに戻る        ←くすり問答 目次へ

今月のくすり問答


薬の飲み方Q&A その112     (平成28年10月号)
Q  薬剤師が自宅に来てくれると聞いたのですが、どうすればいいのですか?

   医療・介護保険制度を利用して、薬剤師による在宅訪問が受けられます。11月〜12月には『薬剤師のおためし訪問』も実施します。詳しくは薬局またはケアマネジャーに相談して下さい。




 ◆  在宅訪問で出来ること  ◆ 

≪ 薬に対する不安、疑問に薬剤師がお応えします ≫

★薬局の薬剤師が処方せんに基づいて調剤し、薬をご自宅にお届けします。
・・来局に介助が必要な方や、付き添うご家族の負担を軽くすることができます。

★薬の整理をして、薬の飲み方や、飲む時間を分かりやすくします。
・・薬を飲むタイミングごとに薬をまとめる「一包化」をするなどをしたり、
  飲み方の工夫をしたり、飲みやすい形状の薬への変更を医師に提案します。
  残っている薬の調節などもします。
  またお薬カレンダーなどグッズの紹介などもします。

★薬の効果や副作用がでていないかなどを確認します。
・・必要に応じて医師に報告し、薬の変更や用量の変更の提案をします。

★患者さまの生活環境や残薬などを正確に把握することができます。
・・ご本人・ご家族の負担や不安が少しでも減り、よりよい在宅治療が可能となります。



 ◆  在宅訪問を利用するには  ◆ 

まずはかかりつけ薬剤師、かかりつけ薬局や担当ケアマネージャー、主治医などにご相談ください。
薬剤師がご自宅を訪問するなどして、状況を確認して、主治医やケアマネージャー、訪問看護師等と連携して在宅医療を応援します。


 ◆  誰でも利用できるわけではありません ◆ 

原則、通院・来局が困難な方が利用できます。
(寝たきり、歩行困難、認知機能の低下などで介助が必要な方など)

自宅での薬の使用や管理に不安がある場合に、医師が薬剤師に対して訪問の指示を出します。 薬剤師の訪問を受けるには、家族や患者さまの同意が必要となります。

医師の訪問診療を受けていなくても利用できます。
この他に、在宅ホスピスケアを希望される方や、最晩年をご自宅で過ごしたい方なども対象となります。



 ◆  費用はどれくらいかかるの? ◆ 

お薬代の他に1回あたり下記の料金がかかります。

 介護保険をお持ちの場合 医療保険を利用される場合
ご自宅で療養中
 
1回 503円* (月4回まで) 1回 650円* (月4回まで) 
介護施設で療養中
同一建物居住者
1回 352円* (月4回まで) 1回 300円* (月4回まで) 
       *1割負担の場合

注)保険の種類などによって料金が異なる場合もあります。また、薬局からの距離により交通費が発生する場合もあります。
  



 ◆  薬剤師のおためし訪問事業 ◆ 

長野県薬剤師会では平成28年11月から12月まで「薬剤師のおためし訪問」事業を実施します。松本薬剤師会でもこの事業に参加します。

『薬の管理ができない・薬が余っている・飲み忘れてしまう・飲んでくれない
・・・でも薬局には行けない』。
こんな悩みがある方はぜひこの機会にご利用下さい。

おためし訪問なので費用はかかりませんが、1回のみの訪問です。
継続して薬剤師の訪問を利用してみたいようであれば、手続きをしての訪問も可能となります。
  



 ◆  かかりつけ薬剤師 ◆ 

かかりつけ薬局から一歩踏み込んで、専門の薬剤師が患者様お一人お一人に対応するというものです。
患者さん自身が信頼のおける薬剤師を選び、自分が服用しているお薬のことを把握してもらい、24時間いつでも相談やアドバイスを受けられます。

具体的には「患者さまが使用するすべての医薬品について、一元的かつ、継続的な薬学管理指導を担い、服薬状況をはじめ、医薬品、薬物治療、健康等に関するさまざまな相談に対応できる、地域に密着した地域の住民から信頼される薬剤師」です。もちろん在宅医療にも参加します。