←トップページに戻る        ←くすり問答 目次へ

今月のくすり問答


薬の飲み方Q&A その120     (平成29年6月号)
Q 水虫に効く薬はありますか?

  
ジメジメした梅雨の時期の6月は水虫が多発します。

水虫は、カビの一種である白癬菌という真菌が原因で発症し、真菌に効果のある薬を使用することで症状の改善が期待できます。
足にできた水虫で、症状が軽い初期の段階では市販薬での治療が可能な場合が多くあります。
現在、水虫の市販薬はさまざまな種類が販売されており、症状に合わせて製品を選ぶことが可能です。是非薬剤師に相談してください。



 ◆  @ もしや水虫?  ◆ 

・かかとが白い!
・足の皮が剥ける!
・足の土踏まずに 水泡がぽつぽつとできる!
・足の指と指の間がふやける!
・足がかゆい!

・・・そんな症状がある場合には「水虫」が疑われます。
「水虫」と診断されるには医療機関にかかって顕微鏡検査で「白癬菌」がみつからなければ確定はされませんが、以下のことが当てはまる方には「水虫」の確率が高いです。どうでしょうか?

 「水虫」と過去に診断されたことがある
 今現在「水虫」と診断されている家族がいる

足に対しての水虫が疑われ軽いうちは市販品で対処ができます。薬剤師に相談しましょう。

〜こちらのリンクでセルフチェックができます。チャレンジ!!〜
  水虫セルフチェック (久光製薬 水虫.TVより)




 ◆  A 水虫に対してどのような市販品が薬局で買えるの?  ◆ 

水虫に対する薬は「飲み薬」と「塗り薬」があります。
そのうち市販品では「塗り薬」があります。

症状によって剤形を選ぶことで効果的に治療ができますので以下を参考にし薬剤師に相談してください。

≪ジュクジュクしている≫→軟膏剤(オススメ!)・クリーム剤
≪乾燥してカサカサ≫→液剤(オススメ!)・スプレー剤(オススメ!)・軟膏剤・クリーム剤
≪ひび割れている≫→軟膏剤(オススメ!)・クリーム剤
≪水泡がある(破れていない)≫→軟膏剤・クリーム剤(オススメ!)・液剤・スプレー剤

軟膏剤・クリーム剤が比較的どの症状にも使えるオールマイティなものですが、外用液・スプレー剤の方が効果が優れているものもあります。

〜こちらのリンクでも詳しく説明しています。ぜひチェック!!〜
 市販の外用薬の選び方は?(セルフドクターネットより)


 ◆  B 市販の水虫薬を効果的に使うには・・・  ◆ 

◇お風呂上りの患部が清潔な時に水気をよくふき取って塗りましょう。
◇患部のみではなくその周りにもまんべんなく塗りましょう。
◇効果が感じられてきて治ったかな?と思っても1か月は続けましょう。
◇2週間使用しても効果が感じられない場合は別の病気が考えられます。医療機関を受診しましょう。





 ◆  C 市販の水虫薬でセルフメディケーション税制が使えるものもあります。  ◆ 

市販薬をよく利用される方を対象に「セルフメディケーション税制」と呼ばれる新しい税制が平成29年4月より始まりました。制度を上手に利用しましょう。

詳しくはこちら→薬の飲み方Q&A その117