調剤用医薬品等零売利用規則
(一社)松本薬剤師会 会営村井薬局

1.取引基本契約
 調剤用医薬品等の零売を利用しようとする(一社)松本薬剤師会加入の保険薬局は、医薬品の取引に関して当薬剤師会と取引基本契約を締結する。
2.零売医薬品の用途
 1)零売医薬品は調剤専用とし、保険調剤用の備蓄薬とする。
2)薬局製剤原料医薬品は、薬局製剤の製造専用に用いる。
3.法律の遵守
 薬事法違反等の事実が確認された場合は、取引停止等の必要な措置を講ずることができる。
4.会営村井薬局の営業時間
 平 日 午前8時50分〜午後5時20分まで

5.会営村井薬局の休日
 1)土曜日、日曜日
2)国民の祝日
3)年末年始
4)臨時の休日

6.零売方法
 1)零売単位
錠剤・カプセル剤は1錠(カプセル)単位、散剤の分包品は包装単位、散剤は1g単位、内用液剤は1ml単位とし、注射薬は包装単位とする。
外用剤の包装品は包装単位、バラ包装品はg単位、外用液剤はml単位とする。薬局製剤原料は、別に定める。

2)記帳義務等の表示
医薬品名、単位、数量、製造番号、使用期限、毒薬・劇薬・要指示薬等の表示、記帳義務等の表示は、伝票に記載する。
3)零売価格
調剤用医薬品は薬価とする。その他のものについては村井調剤薬局運営委員会で決める価格とする。

7.受注
 1)受注・発注方法
医薬品の発注は、原則としてファクシミリを利用する。
専用の発注用紙を使用し、品名、規格、数量、発注者名、電話番号、来局予定時刻等を明記の上、発注すること。

2)発注時間
ファクシミリ利用の場合:24時間(業務終了後は自動受信)
会営村井薬局FAX番号:0263−57−1779

3)医薬品等の渡し時間。
平 日:午前8時30分〜午後5時まで
8.料金の請求及び支払方法
 1)請求方法
毎月20日締めで請求書を発行し、当月末日までに郵送又は当薬局窓口にて交付する。

2)支払方法
医薬品等の代金の支払いは、毎月20日に締切、翌月20日に請求額の全額を指定の口座から引き落としします。

9.零売医薬品の返品について
 当薬局で零売した医薬品で、不良在庫になりそうなものがある場合は、次の条件で返品を受け付ける。

1)返品は、当薬局で零売した医薬品に限る。
2)返品は、零売した日から3ヶ月以内とする。
3)返品は、錠剤・カプセル剤・散剤分包品は、1錠、1カプセル、1包からとし、液剤及び外用剤は包装単位とする。
4)返品できないものは、錠剤・カプセル剤・散剤のバラ包装品。液剤及び外用剤のバラ包装品(当薬局で点眼瓶、軟膏壺、ポリ瓶等に充填したもの)。
使用期限の切れたもの。変質したもの。包装変更後における変更前のもの。ヒートを崩したもの。
5)返品する時は、予め当薬局に連絡をし、零売時の伝票、又はその写しを添えて薬局窓口に持参するものとする。
6)返品は、返品伝票の発行により処理する。
7)返品手数料は、1品目につき100円とする。
8)薬価改正実施以前に医薬品を零売し、実施後に当該医薬品が返品された場合は、その処理は新薬価にて行う。

10.零売先の範囲
 (社)長野県薬剤師会会員が管理している保険薬局以外には零売しない。

11.規則の変更
 本規則は、(社)松本薬剤師会理事会の承認がなければ変更できない。

 付則
 (1)平成12年12月20日 (社)松本薬剤師会理事会承認
(2)平成13年 1月 4日より適用する。